ママの手作りの二口コンロで遊ぶ3歳の子供。

去年のクリスマスプレゼントに、実家の母が3歳の娘にと、立派なおままごと道具を買ってくれました。

木で出来たしっかりした鍋やフライパン、包丁、お皿等。

今までプラスチックの小さいおままごと道具しか家に無かったので、かなり好感触でした。

せっかく立派なおままごと道具だから、きちんとしたキッチンが欲しくなりました。

でも、市販のは高いし場所とるし、ちょうど良いのがありません。

ふと、年末の大掃除の時に出てきた捨てる予定の木箱に目をやりました。

ただ捨てるには勿体無いと思っていた木箱。

試しにおもちゃフライパンを乗せると、なかなか大きさがピッタリでした。

同じ区捨てる予定だった段ボールもあり、何かがひらめいて、コンロを作ることにしました。

段ボールを適当に加工して、木箱に貼って完成。

子供は何を作ってもらったのかわからずにいましたが、私がフライパンや鍋をのせてピッタリだとわかると全て把握したみたいです。

奇声をあげて喜び、おもちゃの肉を焼き始めました。

材料費ゼロで、ゴミがおもちゃに生まれ変わった瞬間でした。全身脱毛 サロン ランキング