投資をしている人というのはリアルタイムで金融資産が上下する

投資をしている人というのはリアルタイムで金融資産が上下するので株価が上がっているときはいいのですが、株価が下がりだすと心が擦り減ってしまう人もいるようです。

投資とは、余裕資産を少しだけ投与して、それを雪だるま式に増やしてそれで勝負し続けているうちは始めに投与した資金だけですので、たとえその資金がなくなってしまったとしても所詮は笑って過ごすことができると思います。

しかし、多くの人は投資資金を市場で増やすのではなく、自分の稼いだお金から投与し続けて投資をしているようなのです。これは積み立て投資をしている人には耳が痛くなるような話なのですが、このような投資というのは危険だと私は思います。

なぜならば、自己資金をよそから持ってきてそれを投資にまわすにでではなく、やはり投資というのは投資で利益を出してそれを投資にまわすことが精神衛生上一番いい投資だからです。

ですから、積み立て投資をするにしても、他の投資でもうかったお金を積み立て投資にまわすべきだと私は考えます。脱毛 780円