浴室における、梅雨の湿気対策をしましょう。

梅雨の時期になると、カビやダニが繁殖してしまいますね。

浴室は、高温多湿で1年間を通して湿度が高いため、カビにとっては最高の住処です。

湯垢や石鹸カス・浴室内に残る「水滴による湿気」が、カビ発生の要因となります。

これから梅雨の時期に向けた、浴室の湿気対策を紹介します。

梅雨の時期には、より湿気が溜まり易くカビの発生が多い浴室は、毎日のお手入れが非常に重要であると言われています。

まずは、浴槽に残っているお湯を抜くようにすると良いでしょう。

浴槽にお湯が残ったままだと、湿気が多くなり、浴室の湿度が高くなってしまいます。

浴槽にお湯を残す場合には、しっかりと蓋をしておくことが大切なことです。

お風呂上りにシャワーで冷水をかけると、浴室内の温度を下げることで、水蒸気の発生を抑えることができます。

晴れている日は、浴室の窓を開けたり、換気扇を回して空気を入れ替えて、湿気を屋外に出すことを心掛けていくことも重要なことです。

雑巾などで、定期的に浴室に残っている水垢を取り除く作業をすることで、カビやダニの繁殖を防ぐことができます。キャッシング 金利安い